Smartphone

Xiaomi Redmi Note2 文鎮化からの復旧

2017/02/05

Xiaomi Redmi Note2 文鎮化からの復旧までの過程を記事にします。

長い間、Redminote2のアプデに関する情報を追っていなかったので、MIUI8も出たし久々にアップデートしてみるかな?という思いで実行したところ、Romの書き換え途中で失敗したようで見事に文鎮化しました。そこから、どのように復旧したのかを記事にしてみます。

そもそもこの商品をご存じない人がいるとは思いますので、簡単に紹介します。

 

Xiaomi Redmi Note2とは?

中国企業である小米企業が販売しているコスパ最高のスマホです。
現在はXiaomi Redmi Note3が販売されていますが、以下の理由から購入を見送っています。

  • バッテリー交換が外からできない。
  • SDカードが入らない。

詳しい情報まで確認していないので、間違っていたらごめんなさい。

なぜ文鎮化したのか?

久々にアップデートしてみるかな?という思いで実行したところ、Romの書き換え途中で失敗したようで見事に文鎮化しました。その後、いくら起動してみてもブートローダー部分で永遠とループしていました。

はい、はじめて文鎮化を体験しました。。。

心境としましては、

「え?公式ツールでアプデしたんやで?ツールとかでFlashしてないやん・・・」

必要なツール、データ

文鎮化から復旧するには、以下のものが必要になります。

  • ROMを焼くツール(MiflashはStep1のところからダウンロード)
  • ROM(それぞれのスマホ毎のStable version,Developer version,Global version)

これらのものは下記のURLから取得可能です。

環境構築

スマホとPCを接続する際には、ADBdriverのインストールが必要になります。下記のURLからMi Suiteをインストールすると早いです。

 

ROM導入

準備ができましたらインストールしたMiflashを起動させ、Tgz形式を解凍してできたディレクトリを指定してFlashを押すだけの簡単な作業です。

 

参考動画

Flashするときの動画を挙げている人がいましたので、紹介します。

最後に

はじめて文鎮化から戻してみましたが、問題なくいけました。

-Smartphone