スポンサーリンク

[DIY]TwinBird製の掃除機:TC-5119の電源コードを修理してみた

スポンサーリンク
Cleaner
スポンサーリンク

今回は、TwinBird製の掃除機:TC-5119の電源コード修理について書いてみます。

友人から電源コードが切れて使えない掃除機をもらったので早速修理を試みました。前々から自分の部屋用の掃除が欲しかったので、修理可能かチェックしてみました。

 

ただ、電源が入らないと内部のモーターが壊れているかもわからないので、電源コード修理しないと何も始まらないようです。

 

2014年製のため生産終了しているのですが、最新のモデルは以下の物です。

こちらの掃除機のスペックは以下の通りです。

スペック
製品寸法 約 230 × 225 × 1050 mm
約 250 × 225 × 1050 mm( ワイパー使用時 )
製品質量 約 2.1 kg( 製品のみ )
電源 AC 100V 50 / 60 Hz
消費電力 450 W
スイッチ・表示 本体プッシュスイッチ:ON / OFF
集塵容量 約 0.9 L
吸込仕事率 100 W
床用吸込口 フロアータイプ( フルフラットタイプ )
電源コード長 約 4.5 m
付属品 すき間ノズル( 毛ブラシ付 )
すき間ノズルホルダー
ワイパーシート固定板
延長パイプ
伸縮ホース
巾着袋
お試しドライシート( 3 枚 )

一応メーカーのサイトで電源コードの消耗品を扱っているのか確認しましたが、その対象外でした。そのため、自作で電源コードを作ります。

 

修理方法は?

必要なパーツは?

・フリープラグ

近くのホムセンで購入可能。ダイソーで購入可能

 

・O型端子

切断されたケーブルを接続しやすくするために使用します。

 

・圧着ペンチ

端子を圧着させるための圧着ペンチが必要になります。エーモンの圧着ペンチセットを使用しました。

 

ダイソーで購入可能

 

・延長ケーブル

もともと掃除機には3Mコードがついていたようなので、同じ長さの物をチョイス。選ぶ基準は掃除機の消費電力とコードの太さになります。15A1500W対応の延長コード対応可能です。ダイソーで購入可能

修理方法は?

修理手順について詳しく説明している動画はなかったので、パーツごとの修理動画を紹介します。

【コンセント プラグ】電動工具のコンセントをかえよう☆2p防水プラグ

 

作業手順は以下の通りです。

1.外膜を剝き、切断部分の内部から2芯コードを取り出す

 

2.外膜を剥く

 

3.O型端子を圧着する

 

4.フリープラグをとりつけ、延長コードを電源コード代わりにする

 

電源コードの修理ができたのでその他の性能を確認してみたところ、何の問題もないようです。

 

こちらの掃除機は電源コードの根本に力がかかりやすいようで、その部分が壊れやすそうです。ハンダでの修理も考えましたが、衝撃が入って壊れそうなのでO字端子を使った修理にしました。

 

使用感ですが、自宅にあるMakitaのコードレスタイプの掃除機より掃除機は吸引力があっていいです。またホース付きの掃除は置き場所に困るのですが、これは縦方向におけるので置き場所を選ばないところもいいです。

 

デメリットとしてはモーター音がうるさい点と排気が顔の方に向かってくる点です。吸引力と騒音がわかる動画を紹介します。

TWINBIRD 直立式吸塵器 TC 5119TW 噪音測試

 

ただ、3000円クラスのTwinBird商品の吸引力はおそらく弱めでしょうが、消費電力450Wクラスのこちらでこの性能ならば問題ありません。

 

最後に

また延長コードが古いものなので、新しいものに新調したいです。

 

Cleaner
スポンサーリンク
スポンサーリンク
terrible3をフォローする
スポンサーリンク
sì shí? No SUSHI!
タイトルとURLをコピーしました