スポンサーリンク

[DIY]マキタ製コードレス掃除機4076Dのバッテリーを大容量に交換してみた(Ni-Cd→Ni-MH編)

スポンサーリンク
Cleaner
スポンサーリンク

今回は、マキタ製コードレス掃除機4076Dバッテリーの交換ついて書いてみます。

前回マキタ製コードレス掃除機4070Dのバッテリー交換をしましたので、今回は新たに別の型番である4076Dのバッテリー交換を実践してみようと思います。

こちらの4076Dは紙パック方式です。自宅の階毎に1台コードレス掃除機を設置することができるようになるので、楽しみです!!

そんな目標を掲げつつ、交換作業に入ります。

 

 

準備するもの

・交換用バッテリー

RC用のバッテリーです。私は6800mAのものを使用しました。標準装備のバッテリーの約5倍のバッテリー容量になります。

標準装備のニカドバッテリー容量は1200mahと少なく、欠点があります。継ぎ足し充電を繰り返してしまうと、本来バッテリーが持つ最大容量が減ってしまう現象があります。

 

しかし、こちらのニッケル水素電池であれば、それを回避できます。詳しい解説につきましては以下のリンクを参考にしてください。

 

・エーモン ターミナルセット

圧着ペンチ、ギボシ端子、スリーブも全部入りのセット。道具一式をお持ちでない方は、こちらをおススメ

 

・ギボシ端子

直接はんだ付けしてもかまいませんが、今後のバッテリー交換をしやすいようにギボシ端子を利用しました。

交換作業

下記のようなコードレス掃除機の交換用バッテリーが別売りされています。コネクタを外して、バッテリーを付け替えれば動作します。

参考までに交換動画を紹介しておきます。

【買換えちょっとまった!】マキタ充電式クリーナのバッテリー交換してみた!

 

ただ、個人的には上記の交換用バッテリー容量は少ないので、こちらのブログでは別のニッケル水素電池バッテリーを選んで交換しています。

 

1.ネジの取り外し

※バッテリー交換だけなら開ける必要はありません

 

ケースを固定しているねじをすべて外します。

内部に結構埃が入っていますし、4070Dと異なるモーターを使用しています。吸音用、粉塵対策にエアフィルターが内部にありました。

確認後、塵が汚いので水洗いをしました。

 

2.中身チェック

※バッテリー交換だけなら開ける必要はありません

 

バッテリーがどのように接続されているのかよく確認します。

 

 

3.中身チェック

プラスに1本、マイナスに2本半田つけされていることを確認します。マイナス側の一本はサーモスタットです。

 

4.バッテリーの外膜はぎ&ギボシ端子追加

交換用バッテリーの大きさ的にはいらないので、外を覆っているカバーを外します

※くれぐれもバッテリーのショートには気を付けてください。

 

 

 

6.ギボシ端子の圧着

今後も交換用バッテリーを使うかもしれませんので、メンテナンスしやすいようにギボシ端子をつけて、バッテリーとケーブルを接続させます。

 

参考までに修理中の動画です。

マキタ製掃除機4076Dのバッテリーを簡単に交換できるようにしてみた

あとは逆の手順を踏めば終了です。

最後にふたを閉めれば終わります。

 

最後に

主にフローリング、マット上の掃除をしている観点から言うと、4070Dと比べて4076Dは音が静かであり、吸引力もこちらの方があります。また、バッテリー交換がとてもしやすいです。

 

ただ、紙パック代を考慮すると、サイクロンアタッチメントが必要になってくるかもしれません。すでにサイクロンアタッチメントは購入済みですので、後日レビューも含め、記事にしたいと思います。

参考動画

Cleaner
スポンサーリンク
スポンサーリンク
terrible3をフォローする
スポンサーリンク
sì shí? No SUSHI!
タイトルとURLをコピーしました